キック・アス

プロデューサーとしてブラッド・ピットが参加していたり、
レイヤー・ケーキ」の監督だったマシュー・ヴォーンが監督だったり、上映する為にヴォーンが製作費を調達して自主映画となった… 

そんな話を聞いたら期待しないわけがなく、
うん、期待以上の面白さ。

っていうか傑作だと思う。
あと、ヒット・ガールは本当ヤバいですね。

http://www.kick-ass.jp